三鷹駅 北口 ブックカフェ&ギャラリー 点滴堂

“点滴堂”は、ギャラリーのあるブックカフェ。 三鷹駅 北口 歩いて5分のちいさなお店。 書棚の古本や 作品の展示とあわせて おいしい珈琲をご賞味ください♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

Ash Wednesday 森岡書店さんの HOLON タイポグラフィ作品展 SCRIPTORIUM へ 


ちょうど耶蘇教の聖灰水曜日にあたる2月13日、茅場町へ。

アンティークなビルの一室にある古書店&ギャラリー 森岡書店さんへお邪魔してきました。

ずいぶん前から楽しみにしていたHOLON タイポグラフィ作品展 SCRIPTORIUM。 
ため息を飲み込んでしまうようなステキな展示空間。
見に行くことができて、よかった♪






様々な意匠のオリジナルのアルファベット書体を纏ったテクストをもとに構成された清らかで端正で可憐な作品を前に、むかしビアズリーの画集を手にして、いったいどんな暗喩が隠されてるんだろう?とドキドキしながらページを繰ったときのような感覚がよみがえってきました。

タイポグラフィというジャンルにくわしいわけではないけれど、これはきっと表意文字文化圏でなければ生まれなかった世界的にも稀有なすばらしい仕事にちがいないのでは?…という気がします。
そのことと、かつて世紀末ヨーロッパを席巻したジャポニスムの感覚が、21世紀の東京でこうして美しく結びついた幸福。

個々の作品のクオリティの高さもさることながら、いろんな角度から興味深いテーマが見えてきて、これはぼくの考えうるデザインのひとつの理想のかたちかもしれないと思う。。





もうひとつ特筆しておきたいのは、やっぱり期待通り、森岡書店さんというロケーションがこの企画にぴったりだったこと。
訪れるたびにうっとりするような時間をすごさせていただいたこのスペースの、主の森岡さんにこの日はじめてごあいさつできたこともうれしかったです♪

点滴堂という、一応ブックギャラリーでもあるお店をこれからつくろうというぼくにとっても、書物愛の魅惑にみちた今回の展示空間はずっとあこがれでありつづけるだろうなあ…と思うのでした。

HOLON タイポグラフィ作品展《スクリプトリウム》 は2/16まで。
おすすめです。機会がありましたらぜひ訪ねてみてください☆






関連記事

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://tentekido.blog.fc2.com/tb.php/96-332e3921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。