三鷹駅 北口 ブックカフェ&ギャラリー 点滴堂

“点滴堂”は、ギャラリーのあるブックカフェ。 三鷹駅 北口 歩いて5分のちいさなお店。 書棚の古本や 作品の展示とあわせて おいしい珈琲をご賞味ください♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

星戀【2】 「一千一秒物語」展と「星戀」展 


初台の画廊喫茶Zaroffでは、点滴堂の「星戀」展がはじまる前日の7/2まで、「一千一秒物語」展を開催中。




その展示のことはずいぶん以前から聞いていたのですが、七夕の季節に点滴堂で「星戀」展を開こうと思いついたとき、開催時期のことは失念していました。


稲垣足穂さんの作品をモチーフとした「一千一秒物語」展。
野尻抱影さんの著作から名前をお借りした「星戀」展。


ちょうど二つの展示が続いて催されることになったのは、たまたまのこと。

ですが、そんな偶然にも、稲垣足穂さんと野尻抱影さんというふたりの「星の文学者」が奇しくも1977年の秋にわずか5日ちがいでこの世を去ったという、不思議な縁のようなものを感じてしまいます。




こちらの土星のリングは、二つの展示の両方に参加される NEW ATLANTIS 由里葉さんの作品。

「作業をしていて疲れたときとか、ふと指に視線を落としたときにこの土星が浮かんでたら、癒されるかも…」

そう言われて、何度か買い逃したあとにやっと手に入れて、いまでは点滴堂の医療棚のなかに入れてある思い出の品。

これを手に入れたときバックに稲垣足穂さんの本、穴があいている造本がステキな工作舎の「人間人形時代」を置いて撮ってみた1枚でした。






「一千一秒物語」展と、「星戀」展。
お時間がありましたらぜひ、二つの展示をあわせてお楽しみいただけますように…☆





「ぼくの骨はね、オリオン座の右端に撒きなさい」
(野尻抱影さんの遺言)

「われらはいま、 宇宙の散歩に 出かけたところだ」
(工作舎の雑誌「遊」野尻抱影・稲垣足穂追悼号の表紙の辞)





点滴堂 企画 「星戀」 展

★ 星と星座…☆
★ 天体・天文学……☆
★ ちょっとノスタルジックでリリカルな星空へのあこがれ」をテーマに 
★ 14名のアーティストによる作品展を開きます 

期間:2013.7.3(水) - 7.14(日)
*月曜・火曜 定休

時間:12:30~20:30
場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分(→ access )

参加アーティスト
出品予定作品
絵画・創作人形・アクセサリー・オブジェ・その他





関連記事

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。