三鷹駅 北口 ブックカフェ&ギャラリー 点滴堂

“点滴堂”は、ギャラリーのあるブックカフェ。 三鷹駅 北口 歩いて5分のちいさなお店。 書棚の古本や 作品の展示とあわせて おいしい珈琲をご賞味ください♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

下北沢 バブーシュカさんへ♪ 


月曜日、点滴堂の定休日に、先日オープンしたばかりの下北沢の喫茶と雑貨、小さい展覧会のお店「バブーシュカ」さんへお邪魔してきました♪




数ヶ月ぶり?の下北沢駅の構内はすっかり様変わりしてしまって、迷子になりそう。。。



バブーシュカさんの場所は、木曜館の跡地。地図はこちら。



駅ばかりではなく、この数年で下北沢の街そのものもずいぶん変わってしまいました。


5月末に長い歴史を閉じてしまった「木曜館」。
数年前まですぐ向かいにあったアンティーク「露崎商店」。
その上階にあった喫茶「ミケネコ舎」。
あるいは、木曜館の姉妹店だった「モモ」のことなど。。


いろんなシチュエーションが走馬灯のように浮かんでくるけれど、まるでみんな夢だったみたい。。。



そんなふうに思いながら、木曜館のあとにできたバブーシュカの扉を開くと、とても不思議な気持ちになってしまいました☆




この写真の正面の壁に飾られているのは、金田アツ子さん、永見由子さんの作品。

店内では、点滴堂の企画展などでご覧いただいた作品のいくつかと再会できるかも。

ぜひ、会いに行ってみてください☆




この日は、アツ子さんのおいしいナポリタンをいただきました♪





こちらは、ハネーケーキ。
なんだかなつかしくて、とてもしあわせな味…☆



たとえば、いつか井の頭公園駅のそばの喫茶店で、こんなふうに外の日差しを眺めながらしあわせな気持ちになった夏の日がありました。。。





はじめて訪ねたのに、なつかしいお店。
ほかのどこでも売ってない、物語の詰まったお店。

それはただのノスタルジーじゃなくて、そんな物語など知らない人たちも、きっと何かを感じるはずだと思うのです。



【おまけ】

点滴堂にて。

「メレンゲのお菓子です、どうぞ」…と、お客さまからさりげなくいただいてしまった差し入れ。

開けてみたら、クオリティが予想外にすごすぎてびっくり☆






後日、お客さまからいただいたメッセージには、「(お盆の)乗り物がキュウリとナスでは味気ないと思いましたもので。」…とありました。


オープンしてまだ数ヶ月の点滴堂も、「もうずっと前からあるみたい」とか、「何か棲んでるような気がする」と言われることがよくあります。

何か、目には見えない物語を感じてもらえているのかも。。


そんな物語をつなぎとめて、これからも紡いでいけたら…と、思うのでした☆





関連記事

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。