三鷹駅 北口 ブックカフェ&ギャラリー 点滴堂

“点滴堂”は、ギャラリーのあるブックカフェ。 三鷹駅 北口 歩いて5分のちいさなお店。 書棚の古本や 作品の展示とあわせて おいしい珈琲をご賞味ください♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

「冬の星戀展」 はじまります☆ 


2014年 点滴堂の最初のグループ企画展は、「冬の星戀展」。

すでに吉祥寺経済新聞〜Yahoo!ニュースと言ったメディアに取り上げられて、たくさんご注目いただいてます☆


三鷹で星と星座・天体・天文学をモチーフとした企画展「冬の星戀展」

http://kichijoji.keizai.biz/headline/1834/

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140117-00000046-minkei-l13


記事の中にもあるように、昨年の夏、七夕の季節に催してご好評いただきました「星戀展」を受けて。
星空の澄みきった冬の季節にもう一度開催してみたい…と、思っていたのです。

前回の「星戀展」でも触れましたが、「星戀」のタイトルは星のエッセイストとして知られる野尻抱影さんと、俳人・山口誓子さんの共著として戦後まもなく刊行された本の題名に由来します。


「星戀の またひととせの はじめの夜」 誓子

初版は鎌倉書房から発行されたものでしたが、ぼくがたいせつに愛読してきたのは、中央公論社から刊行された、新書サイズの一冊。

恩地孝四郎さんのシンプルながらすばらしい装丁のその本を、展示スペースのかたすみに置いておきます。
こちらは非売品ですが、どうぞお手にとってご覧になってみてください☆



背景は安達加工所さんの作品☆



「冬の星戀展」というタイトル。
実は、ずっとためらっていました。。

去年の夏の「星戀展」の二番煎じみたいにしたくない。。。

でも、前回とくらべてもけっして遜色のない、すばらしい展示になりそうです♪




上が前回の、昨年夏の「星戀展」。

下が「冬の星戀展」のDM。

今回のDMは、スパン社さんがかつて「少年展」に出品された旧作「Rigel」の作品画像をお借りしてデザインしてみました♪

http://spansha.exblog.jp/21889260/



ここで、設営中の展示スペースのようすを、ちらり♪




ひとつひとつの作品が、ほんとうに美しくて。

作業の手も滞りがちでした。。


ぜひ、ごゆっくり。

時間を忘れてお楽しみください☆






点滴堂 企画 「冬の星戀展」
2014.1.22(水) - 2.2(日) ※月・火曜定休


★ 星と星座 天体・天文学……☆
★ 星空へのリリカルなあこがれをテーマに 
★ 10名のアーティストによる作品展を開きます 

期間:2014.1.22(水) - 2.2(日)
*月曜・火曜 定休

時間:12:30~21:00

場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分(→ access )

参加アーティスト

出品予定作品
絵画・創作人形・オブジェ・アクセサリー・雑貨 その他








スポンサーサイト

[edit]

掲載のおしらせ 


オープン当初はもっとマメに、お店の日々のようすをこのブログに綴っていくつもりだったのですが。。

気がついてみると、大半は展示企画のおしらせをupするのがやっと、という感じになってしまいました。

ツイッターでは、毎日のお店のようすをつぶやいていますので、よろしかったらフォローしてチェックしていただければ幸いです♪

 Twitterボタン


今年は、なるべくいろんなことをこちらのブログにも記していけたらいいなあと思っています☆


というわけで、今回は点滴堂のことを取り上げてくださった雑誌やその他のことに触れておくことにします。



*****

まずは、多摩地区の地域情報誌『たまら・び』。

2014年冬号の第一特集は「小金井市」。そして第二特集は「多摩 まちの古本屋さん案内」。



この古本屋さん特集の中に、点滴堂のことも取り上げていただきました♪



点滴堂にはいろいろ先入観を持って来られる方も多いみたいで。
本の品揃えが意外だったと驚かれることがよくあります。

こちらの『たまら・び』の取材に来られた方も、「いわゆるガーリーなお店って紹介するつもりだったのに、全然それだけじゃないですね!」…と。

あれこれおもしろがってくださって、ちょっとディープな本をお買い上げいただきました☆


『たまら・び』最新号は、いまなら東京西部の書店に並んでいると思います。
点滴堂にも1冊置いておきますので、よろしければご覧になってみてください♪

たま ら・び 82号 2014 WINTER
http://www.keyaki-s.co.jp/lavie/lavie82.html


*****


もうひとつは、『花園magazine』2013秋冬号。
特集のテーマは本と読書。



小冊子ながら読ませる内容の1冊♪

とくに愛書家のための小間物ブランド「霧とリボン」さんのページは必読です。



点滴堂について触れていただいたのは、ミストレス・ノールさんによる「霧とリボンにまつわる本と場所」の頁。

すぐれた審美眼のデザイナーであるノールさんに、点滴堂のことを取り上げてもらえただけでもうれしい♪

しかも、あの恵文社一乗寺店さんとならんで載ってるこの図に感激です…☆



「霧とリボン」さんの作品は、読書好きな方にはたまらない、物語の秘められた美しい品々ばかり。
読書と喫茶のお供に、ぜひ。
点滴堂でもフライヤーをお預かりしていますので、あわせてチェックしてみてください。



http://www.kiri-to-ribbon.com/


『花園magazine』vol.3は、11月の文学フリマで発売され、その後は通販でもお求めになれるもようです。

『花園magazine』Vol.3 2013秋冬号

こちらも点滴堂に1冊、サンプルを置いてあります♪




*****


点滴堂では、有料の広告を出したりする予定はありませんので、そういった営業は基本的にお断りしているのですが。

こうした心のこもったかたちで取り上げていただくのは、ほんとうにうれしく思っています…☆



【おまけ】

点滴堂の、おなじみ本棚の階段。



壁紙が破れてしまったところ、ボロ隠しに沢渡朔‎さんの「少女アリス」の中にある写真を貼って補修してみました♪








[edit]

万年少女人形館 「yokodoll 写真展 vol.1」のようす 



2014年最初の展示、万年少女人形館「yokodoll写真展 vol.1」。

今回はご案内のDMも配布せず、ひっそりと開催しているのに、とくにこの展示を心に留めて訪ねて来てくださった方々が、じっくりと見入ってくださって。

とてもうれしく思っています…☆





店内のあちこちにいるちいさなお人形たち、実物は非売品ですが、写真はご自由に撮ってくださってOKです♪




壁面に展示してある12枚の写真パネル。

ご希望の方には、販売もいたします。
1枚1500円、会期終了後のお渡しor発送となります。




新たに三種類のポストカードをご用意しました。

「うさぎキューピーと猫キューピー」「さくらちゃん」「豆いぬ」。
どれも1枚100円。「万年少女人形館」作品集とあわせてどうぞ ♪





今回版を重ねた「万年少女人形館 vol.1」作品集は、文庫本サイズのささやかな本。

24枚の写真がポストカード仕様になったA6サイズ(10.5cm×15cm)
48ページ フルカラー カバーつき 定価 1600円。

よろしければぜひ、この機会にお求めください。





この展示に寄せて、高橋千夏さんからステキな布花のブローチを納品していただきました♪

ひとつ1800円にて。
こちらもどうぞお見逃しなく☆

今年も、点滴堂では高橋千夏先生の布花お教室の開催を計画しています。

あたらしく開設された千夏先生のHPもチェックしてみてください☆

http://hanaharu.webcrow.jp/




かわい金魚さん作の文化人形「白薔薇ちゃん」。

非売品として展示させていただいてます。
ぜひ、会いに来てください♪

かわい金魚さんからお申し出をいただいて、今年も3月に下北沢のギャラリー無寸草にて開かれる「お砂糖通り人形店」に、「万年少女人形館」も参加させていただくことになりました。

同じ下北沢のバブーシュカさんでは、「文化人形展」も開催予定とのこと。

やはり 3月に点滴堂では、「yokodoll写真展 vol.2」も催したいと思っています。
ぜひ、あわせてお楽しみいただけますように☆





「yokodoll写真展 vol.1」展示風景をバックに、やまぐちめぐみさんが届けてくださったかわいらしいケーキ♪

やまぐちめぐみさんには、1/22からの「冬の星戀展」、そして2/5からの「お菓子の家の子供たち」と続く点滴堂企画展にも参加していただく予定。

絵描きであると同時にお菓子作家でもあっためぐみさんは、これまであえてお菓子の絵を描くことはなかったとのこと。

どんな作品が見られるのか、楽しみにしています☆



万年少女人形館「yokodoll vol.1」は、1/19 日曜日まで。
三鷹駅北口歩いて5分のちいさなお店でお待ちしてます…☆


万年少女人形館 「yokodoll 写真展 vol.1」


期間:2014.1.8(水) - 1.19(日)
※月曜・火曜 定休
時間:12:30~21:00
場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分(→ access )
ガラスのひとみのお人形。
お菓子のようなブローチ。
その世界に触れたみんなの心をとらえてはなさない
愛らしい作品たちの写真を集めて
2012年2月にできあがった文庫サイズのかわいらしい一冊の本。
2013年中にほぼ完売となったことを受けて
この度あらたに版を重ね、
あわせて、ささやかな写真展を催します。
心からの感謝と、愛おしさをこめて。
http://tentekido.info/yokodollphotovol_1.html




【おまけ】




万年少女人形館「yokodoll写真展 vol.1」にて展示中の写真の1枚♪ 

「うさぎ座」の星図を切手風にして貼付けた紙箱は、ぼくが作ったものでした。つい数年前のことです…☆



こちらは1/22からの点滴堂企画展「冬の星戀展」のDM画像。

スパン社さんのステキな作品画像をお借りして作成しました。

これまでの企画展のDMにも劣らず、たいへんご好評いただいてます♪



こちらはDMの宛名面。

スタンプ欄には、「こいぬ座」の星図をあしらってみました。


「冬の星戀展」のおしらせのページはこちらへ☆

http://tentekido.info/hoshikohi2014winter.html









[edit]

万年少女人形館 「yokodoll 写真展 vol.1」によせて  



明けましておめでとうございます。
2014年、新しい年の点滴堂も♪ どうぞよろしくお願いいたします☆




年末年始、点滴堂オープン以来の長いお休みをいただいて。
ごあいさつもすっかり遅くなってしまいました。

1/8水曜日からは通常営業となります。

そろそろ禁断症状がでているみなさまとまた
三鷹駅北口歩いて5分のちいさなお店でお会いできるのをたのしみにしてます☆



先にもお伝えしましたが、ギャラリースペースでは点滴堂の新年はじめての催しとして。
万年少女人形館 「yokodoll 写真展 vol.1」をお楽しみください♪





点滴堂の医療棚や、本棚のかたすみに、ひっそりとたたずんでいたちいさなお人形や小物たち。

このお店を開いて、なんとかここまで来ることができたのは、何よりもまず、このささやかな作品たちに思いをつなぎとめてくださっているひとたちのおかげです。

そして意外だったのは、たまたま点滴堂にいらっしゃって、この作品たちのことをまるで知らずに目をとめて、新たに思いをつなぐようになってくださった何人もの方々と出会えたことでした。





「万年少女人形館 vol.1」は、そんな作品たちの写真をあつめて二年ほど前につくった本でした。


点滴堂ではことさらに宣伝もせず、お店のかたすみに置いていたこの本。

不思議なめぐりあわせに導かれるように一冊ずつ人々の手に渡って。。。
気がついてみると残部がほとんどなくなってしまっていたのです。





「yokodoll写真展 vol.1」は、その「万年少女人形館 vol.1」の増刷にあわせてのささやかな写真展。


ひっそりと、催します。
今回はDMも配布していません。

それでも、つながる方にはきっとつながるはずと思うので。

これまでもそうだったように、これからも…☆



実はこの本のタイトルに「vol.1」とつけたのは、いつかその続編もつくることができたら…という思いをこめてのことでした。

言い換えれば、これでおしまいにしたくないという、祈るような気持ちで。



それで、この展示も。「yokodoll写真展 vol.1」というタイトルにしてみました。

この二年間で育ち続けて、点滴堂というお店で花開きはじめたつながりをたどりつつ。

また新たな実を、結ぶことができますように…☆




万年少女人形館 「yokodoll 写真展 vol.1」


期間:2014.1.8(水) - 1.19(日)
※月曜・火曜 定休
時間:12:30~21:00
場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分(→ access )
ガラスのひとみのお人形。
お菓子のようなブローチ。
その世界に触れたみんなの心をとらえてはなさない
愛らしい作品たちの写真を集めて
2012年2月にできあがった文庫サイズのかわいらしい一冊の本。
2013年中にほぼ完売となったことを受けて
この度あらたに版を重ね、
あわせて、ささやかな写真展を催します。
心からの感謝と、愛おしさをこめて。
http://tentekido.info/yokodollphotovol_1.html





【おまけ】


点滴堂に届いた年賀状の束の中に、差出人の記入のない封書が一通。

開けてみると、見覚えのある黒猫のブローチがひとつ入っていました。。。





こちらのブローチも。展示スペースのかたすみに、置いておこうと思います…☆






[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。