三鷹駅 北口 ブックカフェ&ギャラリー 点滴堂

“点滴堂”は、ギャラリーのあるブックカフェ。 三鷹駅 北口 歩いて5分のちいさなお店。 書棚の古本や 作品の展示とあわせて おいしい珈琲をご賞味ください♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

「加藤まさをのお手紙展」に寄せて 



先ごろ亡くなられたやなせたかしさんの九十余年の生涯。

それをただひとこと、「アンパンマンのひと」と要約するのにしのびない気持ち。。。


たとえば、いま点滴堂のかたすみにある一冊の本の序に、やなせさんはこんな一文を寄せられています。


「今、消し難い熱い想いで抒情画を回想する人は多い。
しかしこの現代にもう一度抒情画を復活させたいと願ったのはぼく一人しかいなかった。
孤立無援、しかもはじめから敗北を覚悟しながら、とにかく種子をまき続けてきた。」
(「よみがえれ!抒情画」やなせたかし)




80年代にサンリオから発行された、やなせたかし 監修・解説 「よみがえれ!抒情画 美少女の伝説」 という本。

当時ぼくが抒情画の世界に目を開かれたのも、実はこの本の影響がかなり大きくて。。

たしか、加藤まさをさんのことを知ったのも、ここでだったように記憶してます。





10/30から11/10まで、点滴堂では「加藤まさをのお手紙展」が開かれます。

大正・乙女デザイン研究所の方から、この企画を点滴堂で…というお話をいただいて。

4半世紀越しの夢がつながったような気がしました♪ 


抒情画の世界と、そこにつながる様々な文化の、底知れぬ魅力に迫るきっかけになりますように…☆






「消えゆく虹」などの著書のある、大正~昭和期にかけて活躍した夢二のフォロワー的な多くの抒情画家のひとり。

また、「月の沙漠」などの作詞でも知られる詩人としても。

そんなふうに、むかしから知ってるつもりだった加藤まさをさんという抒情画家ですが。。。




今年 2013年 国書刊行会から発行された「加藤まさをのロマンティック・ファンタジー」。

実はこの画集であらためてその画業の全貌を眺めてみて、こんなにも可憐な絵を描く人だったのかと。。

まさに、目からウロコが落ちる思いでした☆

とりわけ、「花の精」の頁にちりばめられた愛らしい絵は、クライドルフやベスコフといった海外の絵本作家にも通じるものを感じられて。

すっかり、その魅力のとりこになってしまったのです…☆




こちらの本は「加藤まさをのお手紙展」でも販売いたします。

おすすめの一冊です♪
この機会にぜひお求めください☆





今回の、大正・乙女デザイン研究所主催「加藤まさをのお手紙展」の中心となるのは、少女たちのお手紙文化のご紹介。


時間をかけてじっくりと味わいたい。貴重な資料が集まっています。

加藤まさをのデザインした便箋や封筒、絵葉書。
少女雑誌や手紙の書き方本などをとおして。。

大正・昭和期の少女文化に一時代を築いた加藤まさをと
少女たちのロマンティックな世界をお楽しみ下さい☆





大正・乙女デザイン研究所
加藤まさをのお手紙展
期間:2013.10.30(水) - 11.10(日)
※月曜・火曜 定休
時間:12:30~21:00
場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分(→ access )


大正・乙女デザイン研究所所蔵の資料をもとに、
抒情画家 加藤まさをの仕事、
そしてまさをデザインの便箋をはじめ、少女たちのお手紙文化を紹介します。

便箋や封筒、絵葉書、少女雑誌や手紙の書き方本…。

大正・昭和期の少女文化に一時代を築いた加藤まさをと
少女たちのロマンティックな世界をお楽しみ下さい。


アーティスト

加藤まさを
本名 加藤正男
1897(明治30)年静岡県藤枝市生まれ。
幼い頃から絵や詩に親しみ、立教大学英文科に在学のかたわら川端画学校にも通い絵を学ぶ。
1919(大正8)年に上方平和堂から絵葉書を発売し、これが「加藤まさを」名義での初めての仕事になった。
音楽と薔薇を愛するまさをは絵ばかりではなく、詩や小説も手がけるなど文筆家としての才能も発揮し、童謡「月の砂漠」の作詞でも知られるなど多彩な仕事を手がけている。
大正・昭和期には多くの少女雑誌や少年雑誌へ抒情画を発表し、高畠華宵や蕗谷虹児などと並び女学生から支持を受けた挿絵画家として活躍した。
出品予定作品
便箋・封筒・絵葉書・雑誌・書籍 ほか







「逝きし世の面影」を知るために。

先日「曽祖父の写真展」のときにつよく感じたのは、なによりも一次資料に触れてみることのたいせつさでした。

そこから得られる豊かな実感は、なにものにもかえがたく。。

「加藤まさをのお手紙展」もまちがいなく、そんな貴重な機会になるはずです。


どうぞお見逃しなく…☆




スポンサーサイト

[edit]

うさぎときのこ展 から 秋の京都のくりくり展 へ 



ますます大好評の点滴堂企画「うさぎときのこ」展は、10/27 日曜日まで。
のこすところあと三日となりました。

ものすごい密度で充実してる出品作の中から、ごく一部を、ちらり♪



NEW ATLANTISさんの、アリス・モチーフの「靴下どめ」。
他の取扱店さまでは軒並み品切れという話題の品。

下に写っているのは、「小さな星雲」さんのフリーペーパー。
NEW ATLANTIS 由里葉さんが執筆されている往復書簡も掲載。
ご来店の際、ご自由にお持ちください♪

さらに、その背景に写ってるのは、点滴堂の古書から。
「星戀」でおなじみ、野尻抱影さんの著書「全天星座図志」です☆




高橋千夏さんのうさぎとリースのセット。
6人姉妹のうち、すでに半数は旅立っています。

背景は、葉月さんとEcruさんの合作、きのこトートバッグ。


高橋千夏さんは、10/29まで 初台 Zaroffにて開催中の「秘密の花園」にも参加中。

11/13~24 開催予定の点滴堂企画展「花ざかりの森」にも参加していただく予定ですので、どうぞお楽しみに☆




亞鳥舎さんの作品。
磁器の鈴うさリングと、本の陶製オブジェ。




小暮千尋さんの描くアクリル画「夜のきのこ狩り」。




いつみさん作の「もちうさぎのぱっちんどめ」。


おそろしい密度の「うさぎときのこ」展のなかでもいちばん品数豊富だったいつみさん。

会期がはじまってまもなく、さらに大量追加納品で、たいへんなことになってます。。




そしてまたしても、最後の週末に追加の品が届くというウワサも…??

しかも、個々の作品のクオリティが、とにかくすごいのです☆





今回の「うさぎときのこ」展に初参加の亞鳥舎さん、小暮千尋さん、いつみさん。
それに、なかよしこけし堂さん、村瀬夏子さんも。
11/27~12/8 開催予定の点滴堂企画「猫町」展にも参加していただくことになりました。

引き続き、どうぞご期待ください☆







点滴堂企画 うさぎときのこ展

期間:2013.10.16(水) - 10.27(日)
※月曜・火曜 定休
時間:12:30~21:00
場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分(→ access )

参加アーティスト
いつみ
村瀬夏子
亞鳥舎
マツモトヒラコ
高橋千夏
NEW ATLANTIS
山口めぐみ
山根葉月
Shocone
玉村のどか
nuduca
なかよしこけし堂
mica TAKEO
小暮千尋
milky pop.

出品予定作品
絵画・写真・アクセサリー・オブジェ・その他

★ 15人のアーティストがつくりだす「うさぎときのこ」の不思議の国♪
★ あなたのお気に入りの作品を 見つけにきてください☆




【おまけ】

点滴堂でもフライヤーをお配りしていた、「秋の京都のくりくり展」。

ちょうど「うさぎときのこ」展から続いていくかのように、こちらもきのこでいっぱいの催しみたい。。

いよいよ、この週末からはじまります♪




こちらのイベント、眠れる森のひみつの部屋に、点滴堂もちょっとだけ参加させていただきます♪

お届けした品は、点滴堂の医療棚の中にいた万年少女人形館のお人形や、ちいさな品々。。

それと、前にぼくが描いたマトリョーシカなど。




アミュレットさんでご活躍されているたくさんのステキな手づくり作家さんたちの作品とあわせて、ご覧いただけたなら幸いです。


関西方面の方、期間中に京都を訪ねられる方は、ぜひ♪

不思議な洋館で、お会いできますように…☆


■秋の京都のくりくり展
10月26日(土)から11月4日(月)まで
12時から17時
京都西陣・遊空間u




[edit]

うさぎときのこ展 



10/16からはじまった点滴堂企画「うさぎときのこ」展、大好評です♪









いくつもの作品たちが旅立っていくなかで。
連日作家さんからの追加納品も相次いで。


これまでの企画展のなかでもいちばんの密度の濃さになっています☆



こちらは、パノラマ撮影した展示スペース全景。

↓拡大してご覧ください。



…ですが、まだここからはみ出してしまってる作品もあります☆




なかよしこけし堂さんのうさぎの指人形と、
micaさんのきのこの標本額。



村瀬夏子さんのうさぎたちときのこ。



ショコネさんの、本を読むうさぎときのこたち。



nuducaさんの、きのこドラム。
ぜひ、実際に叩いてみて。
不思議な音色をお楽しみください♪



山根葉月さんのポストカード。
まとめ買いなどもあって一時品切れしてしまった人気の品。
追加で、大量増殖しました☆





いつみさん作のきのこベレーと、
うさ耳カチューシャの試着も好評です♪


みなさまもぜひかぶってみてください♪



…というわけで。
ますます充実の「うさぎときのこ」展。


月曜と火曜は点滴堂の定休日。
ですが、10/21(月)はお店を開けることにしました♪

10/27(日)までの「うさぎときのこ」展の会期中、10/22(火)のみお休みとなります。

ひとりでも多くの方にお楽しみいただけますように☆









点滴堂企画 うさぎときのこ展

期間:2013.10.16(水) - 10.27(日)
※月曜・火曜 定休
時間:12:30~21:00
場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分(→ access )

参加アーティスト
いつみ
村瀬夏子
亞鳥舎
マツモトヒラコ
高橋千夏
NEW ATLANTIS
山口めぐみ
山根葉月
Shocone
玉村のどか
nuduca
なかよしこけし堂
mica TAKEO
小暮千尋
milky pop.

出品予定作品
絵画・写真・アクセサリー・オブジェ・その他

★ 15人のアーティストがつくりだす「うさぎときのこ」の不思議の国♪
★ あなたのお気に入りの作品を 見つけにきてください☆


【おまけ】


江津匡士さんデザインの大人気アイテム。
「女生徒」トートバッグが再入荷♪ 

ロングセラーとなってる紺色に加えて、今回はたくさんご要望のあったカラーバリエーション「赤色」も登場!  

とってもおしゃれにできあがってきました♪




ちなみに、「赤色」も定番化するかどうかは未定です。
ぜったいに欲しい!という方は、ぜひお早めに☆

いっしょに写っているうさぎのロゼットはmicaさんの作品。 
こちらも、点滴堂企画「うさぎときのこ」展に出品されてます♪





[edit]

「うさぎときのこ」の日♪ 


10/15は、「きのこの日」。
秋といえばきのこ。10月はその需要のピーク。
その真ん中の15日を、1995年に日本特用林産振興会がきのこの記念日に制定したそうです。

10/16は、「うさぎときのこの日」。
2013年、点滴堂が決めました。
この日から、15名の作家さんの参加する企画展「うさぎときのこ」がはじまるのです☆






出品作品のいくつかを、作家さんご自身がupされた写真にてご覧ください♪



亞鳥舎さんの作品。
「きのこを摘むうさぎちゃん」



mica TAKEOさんの作品。
「うさガールときのこガールのブローチ」



やまぐちめぐみさんの作品。
「p・r・e・s・e・n・t」



高橋千夏さんの作品。
「うさぎのブローチ」
(これは!レアアイテムです☆)



村瀬夏子さんの作品。
「いろんなきのこのブローチ」



milky pop. さんの作品。
こちらは、クッキー…ではなくて、ブローチです☆
(もちろん、かわいいクッキーもあります♪)



山根葉月さんの作品。
油彩画、ブローチ、ポストカードなどなど。



いつみさんの作品。
「きのこを食べるうさぎブローチ」



「うさぎときのこ」展 搬入作業中♪
いつみさんご本人の着用画像を撮らせていただきました☆




いろいろシェアさせていただきましたが、これはまだまだ、ほんのごく一部です。

不思議の国へトリップしてしまいそうな。。
サイケデリックな展示空間ができあがりました☆

今回の「うさぎときのこ」展は、これまでの点滴堂企画展でおなじみの方々に加えて、約半数7名の作家さんが初参加♪

まだ、会場のようすの全貌を写真でお披露目したくない気持ち。。。

ぜひ点滴堂に来て、びっくりしてみてください☆


でもちょっとだけ。
設営途中の展示スペースのようすを、ちらり♪




ますます充実してしまった点滴堂企画「うさぎときのこ」展♪

会期は、10/16から10/27まで。

みなさまのお越しお待ちしてます☆





点滴堂企画 うさぎときのこ展

期間:2013.10.16(水) - 10.27(日)
※月曜・火曜 定休
時間:12:30~21:00
場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分(→ access )

参加アーティスト
いつみ
村瀬夏子
亞鳥舎
マツモトヒラコ
高橋千夏
NEW ATLANTIS
山口めぐみ
山根葉月
Shocone
玉村のどか
nuduca
なかよしこけし堂
mica TAKEO
小暮千尋
milky pop.

出品予定作品
絵画・写真・アクセサリー・オブジェ・その他

★ 15人のアーティストがつくりだす「うさぎときのこ」の不思議の国♪
★ あなたのお気に入りの作品を 見つけにきてください☆

http://tentekido.info/rabbitsandmushrooms.html




【おまけ】

こちらは非売品ですが、いつみさんの作品「きのこの生えたベレー帽」。


「うさぎときのこ」展の期間中、会場に置いておきますので、ご自由にかぶってみてください。とのこと♪

さっそく搬入の際、山根葉月さんにかぶってみてもらいました☆




もうひとつ。
いつみさん作の「うさ耳カチューシャ」もあります♪



ぼくもかぶってみました☆



みなさまもぜひご自由に、着用画像を撮ってupしてください♪



【BOOKS GALLERY & cafe 点滴堂】
http://tentekido.info/



[edit]

10月はふたつある 


10月はふたつある…というのは大島弓子さんの漫画のタイトルでしたけど。

点滴堂の10月は、「曾祖父の写真」展と、「うさぎときのこ」展。

どちらもお見逃しなく☆










点滴堂の古本の中から、10月ということで、レイ・ブラッドベリの「10月の旅人」。

それと、同じく上野紀子さん挿画で、瀧口修造さんの文と中江嘉男さんの写真で構成された「紐育の国のアリス」。

ブラッドベリの本はお手頃価格。

でも、「紐育の国のアリス」は初版で絶版になってしまったとかで、ちょっと入手がむずかしい一冊です。


…というキャプションをつけて上の写真をupしたところ、
「15歳の時の私はお小遣いで買っていました…」というコメントが☆




このお写真をupしてくださったのは、 Écru さん。

9月の「赤い靴」展のときに、ブログにて、点滴堂をめぐる出会いや再会のことを綴ってくださいました♪

点滴堂さんから繋がるご縁 
http://ecru26.exblog.jp/20432090/





こちらは次回の点滴堂企画展「うさぎときのこ」のDMための写真。

うさぎは、なかよしこけし堂さんの作品。
小さいのに存在感がすごい。
そこに「何かいる…」って気がするのです。

きのこは、いつみさんの作品。
こちらも、「何か、生えてきてる…」って感じてしまう。

こういう作品が、本物だと思う…☆




そういえばこの写真も含めて、ぼくはここ数年もう写真を撮るのにiPhoneしか使わなくなってしまいました。

こんなに便利なものが簡単に手に入るなんて、15歳ではじめて自分のカメラを手にしたときのことを思うと、ほんとうにすごいことです…☆


完全マニュアルの一眼レフフィルムカメラとか、
アナログレコードとか、
カッターとペーパーセメントで切り貼りして版下作ってデザインしたりとか。

好きだったけれど、もうそんな時代には戻れないと思う。

紙の本もやがて、完全に無くなりはしないまでも、商売にならなくなるのは時間の問題だと思う。


ただ、ずっとむかし15歳の少女がおこづかいで買って、いつまでもたいせつにしているアリスの本の価値とか。

そういう豊かさというものが、確かにあると思うのです。

それはたかだか古書価が数万円になってるとか、そんなことではなくて。。。





点滴堂の定休日の火曜日、布花作家utopianoさんの個展が開かれていた小平のコトリ花店さんにお邪魔してきました♪

コトリ花店の店主のりかさんが探しているという本を手に入れることができたので、その一冊を携えて。

するとりかさんは、何度も「これは私が前になくしたあのときの本かも…」と言ってて。

もちろんそんなわけはないのだけれど。

たとえ幻想でも、そういう感覚で愛することができるのは、やっぱり紙の本だからなんだろうな…と思うのでした☆






たとえば、「逝きし世の面影」という本があります。

ちょっと、奇跡のような一冊です。


ただ「むかしの日本はよかった」といううしろ向きなノスタルジーだけじゃなく。

みずみずしい感動があるけれど、それを伝えるのは、実はとてもむずかしい。。

手垢にまみれた、わかったふうな言葉で説明したくない。。。





川北すピ子さんの「曾祖父の写真」展にも、同じようなことを感じます。

展示は、10/13日曜日まで。
ぜひ、見に来てください☆


同時開催の「懐古ガラクタ蚤の市」も好評ですが、まだいくつかの目玉の品が残っていますので、どうぞお見逃しなく☆




川北すピ子 presents 曾祖父の写真展

期間:2013.10.2(水) - 10.13(日)
※月曜・火曜 定休日
時間:12:30~21:00
場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分(→ access )


★ おばあさんの家の棚に置いてあった、二冊の古いアルバムから…
★ ひいおじいさんが撮った写真の写真展を開きます。

♦ 同時開催 ♦ 懐古ガラクタ蚤の市






点滴堂企画 うさぎときのこ展

期間:2013.10.16(水) - 10.27(日)
※月曜・火曜 定休
時間:12:30~21:00
場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分(→ access )

参加アーティスト
いつみ
村瀬夏子
亞鳥舎
マツモトヒラコ
高橋千夏
NEW ATLANTIS
山口めぐみ
山根葉月
Shocone
玉村のどか
nuduca
なかよしこけし堂
mica TAKEO
小暮千尋
milky pop.

出品予定作品
絵画・写真・アクセサリー・オブジェ・その他

★ 15人のアーティストがつくりだす「うさぎときのこ」の不思議の国♪
★ あなたのお気に入りの作品を 見つけにきてください☆

http://tentekido.info/rabbitsandmushrooms.html



【BOOKS GALLERY & cafe 点滴堂】
http://tentekido.info/


[edit]

「曾祖父の写真展」と「懐古ガラクタ蚤の市」はじまりました♫ 


二十年に一度の、神宮の式年遷宮の日。

点滴堂では、神風の伊勢の国からやってきた女の子の、ひいおじいさんの写真の展示がはじまりました♪





川北すピ子さんの「曾祖父の写真展」は、10/13まで。

セピア色の写真を眺めながら、日本人の歴史に思いを馳せてみてください…☆






そしてもうひとつの目玉企画、「懐古ガラクタ蚤の市」の出品物を、ちらり♪










点滴堂のアイスコーヒーやアイスカフェオレでおなじみ、十字マークのアンティーク・グラスも、この蚤の市にたくさんのステキなアイテムを出品してくださったDoilyさんのコレクションから譲っていただいたものでした♪





Doilyさんは、10/4〜10/7 西荻窪のGallery MADOさんにて開かれる「花の手仕事」展にも参加されるとのこと。

「花の手仕事」展のお知らせ
http://umi67.exblog.jp/18476182/

「花の手仕事」展は、8月の点滴堂企画「夏のお花の妖精」展にすばらしいクオリティの刺繍作品を出品してくださった鈴木美江子さんの作品展です。

同じ中央線沿線での開催♪
ぜひ点滴堂の「曾祖父の写真展」とあわせてお楽しみください☆





川北すピ子 presents 曾祖父の写真展

期間:2013.10.2(水) - 10.13(日)
※月曜・火曜 定休日
時間:12:30~21:00
場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分(→ access )


★ おばあさんの家の棚に置いてあった、二冊の古いアルバムから…
★ ひいおじいさんが撮った写真の写真展を開きます。

♦ 同時開催 ♦ 懐古ガラクタ蚤の市








【おまけ】


こちらもおなじみ、川北すピ子さん描く「てんこちゃん」が目印の点滴堂の看板♪



ここに掛けられている「本日休診」の札。。

これは実は、すピ子さんのお姉さんのコレクションからいただいたものでした♪

すピ子さん姉妹も、今回の「懐古ガラクタ蚤の市」にあれこれ出品されていますので、どうぞお見逃しなく。



十字マークのグラスも。
「本日休診」の札も。
まるで点滴堂のためにあったみたい。。。


古本もそうですが、古いものとのご縁と出会いはあらためて、やっぱり不思議なものだと思います…☆







[edit]

「曾祖父の写真展」と「懐古ガラクタ蚤の市」はじまります☆ 


9月の点滴堂企画「赤い靴」展が好評のうちに終わって。
おかげさまで、桜の季節にオープンした点滴堂も、半年になりました♪


このちいさな白い部屋に、赤い靴を履いた女の子が訪ねてきて、放心したように展示スペースを眺めてる。。

それはまるでおとぎ話の中の出来事みたいな日々でした☆





ひとつひとつの展示企画の会期を終えるたびに、切ないような、でも満たされたような。。

たしかに、この切なさが、次の展示はもっとステキなものにしたいという気持ちにつながっていくのだと思います♪ 






続いて、10/2からはじまるのは、川北すピ子さんによる「曾祖父の写真展」☆





もうすっかりおなじみの点滴堂の看板娘「てんこちゃん」を描いたすピ子さん。

ちょうど先ごろ、社団法人・日本手芸協会の公式サイトにもプロフィールが掲載されていましたので、↓こちらでおさらいしてみてください。






絵・アクセサリー・布花・人形作りなどなど、幅広く♪

5月の個展「キユピイさんと仔猫」以来、その魅力的な世界観にすっかり夢中になってしまわれた方も多いはず☆




今回は、彼女自身の作品ではなく、「ひいおじいさんの写真」の展示です。

すピ子さんの作品の魅力に触れた方は、きっとその不思議な「懐かしさ」を深く印象づけられたに違いありません。

セピア色の写真のなかに、そのひみつを読み解く鍵がかくされているのかも…?






すピ子さんのおばあさんの家に残されていたという、二冊のアルバム。
貴重なオリジナルプリントも展示します♪ 



そっとお手に取って、ご覧になってみてください。。。



***


そして「曾祖父の写真展」のもうひとつの目玉は、同時開催の「懐古ガラクタ蚤の市」☆




すピ子さんと、二人展を開催されたこともあるお姉さん。
5月の「君影草」展にも参加していただいたアーティストのリルガさん。
アンティーク・レースなどの蒐集家のDoilyさん。

なつかしくて愛らしいものにかけてはとびきりのセンスをお持ちの方々の、とっておきのコレクションのなかから。。。

ツボを押さえたステキな品ばかりが集まっています♪




みなさまのご来店お待ちしてます☆





川北すピ子 presents 曾祖父の写真展

期間:2013.10.2(水) - 10.13(日)
※月曜・火曜 定休日
時間:12:30~21:00
場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分(→ access )


★ おばあさんの家の棚に置いてあった、二冊の古いアルバムから…
★ ひいおじいさんが撮った写真の写真展を開きます。

♦ 同時開催 ♦ 懐古ガラクタ蚤の市





[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。