三鷹駅 北口 ブックカフェ&ギャラリー 点滴堂

“点滴堂”は、ギャラリーのあるブックカフェ。 三鷹駅 北口 歩いて5分のちいさなお店。 書棚の古本や 作品の展示とあわせて おいしい珈琲をご賞味ください♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

「君影草」に寄せて 


いよいよ5/1の「すずらんの日」からはじまる点滴堂の最初の企画展「君影草」。

オープンからひと月、おかげさまでブックカフェとして思いのほかご好評いただいている点滴堂ですが、ギャラリースペースに展示の設営ができて、ようやくほんとうに作りたかったお店ができあがった実感がわいてきました。。

いでぐちみわさん ・ 金田アツ子さん ・ かわい金魚さん ・ guttinoさん ・ コトリ花店さん ・ Sacherieさん ・ SERAPHIMさん ・ 高橋千夏さん ・ 永見由子さん ・ まなさん ・ マツモトヒラコさん ・ YOSHIEさん ・ リルガさん。

13名の参加作家のみなさんに、心から感謝しています。



写真は、コトリ花店さんが届けてくださった作品「すずらんスプーンの巣」。


今回の企画展にあたって参加をお願いした方々の多くは、二年前に国分寺で開かれた「少女団のイースター」という催しでご一緒させていただいた方々でした。

ちょうどあの震災があった直後の春、誰もが不安に苛まれる毎日の中で、祈るような気持ちで復活祭のステキなイベントに心を向けていたことが思い出されます。



こちらの写真は、その「少女団のイースター」の企画のひとつ、SERAPHIMファッションショーにて撮らせていただいたお気に入りの、思い出深い1枚。

どれもステキなSERAPHIMの作品の中でも、夢のように可憐なすずらんの髪飾り。
今回の企画展「君影草」にも出品していただくことになりました♪


君影草・すずらんの花言葉のひとつ、「幸福の再来」。
きっと、ほんとうのしあわせが再び訪れる。。
そんなイベントになると信じてます。

ぜひ、お見逃しなく…☆


* 君影草 *
点滴堂 企画展

期間:2013.5.1(水) - 5.12(日)
*月曜・火曜 定休
時間:12:30~20:30

場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分(→ access )




スポンサーサイト

[edit]

キユピイさん と 仔猫 - 川北すピ子作品展に寄せて 


点滴堂をオープンして、おかげさまでもうすぐひと月。

開店間際にご用意できたショップカードが大好評で、予想よりもずっと早く減ってしまったので、レイアウトを変えて増刷しました。



(4月25日現在、最初のデザインのカードがすこしだけ残っています。入手しておきたいという方はご来店の際お申し付けください)

このショップカードのリトルナースのイラストの作者が、川北すピ子さん。

まだ21歳の平成生まれの女の子ながら、時代不明で不思議な感覚のたまらなくかわいらしい作品を次々に作り出し、じわじわと熱狂的な支持を集めています。

錚々たる方々の参加されるグループ展「君影草」に続き、ふたつめの点滴堂ギャラリースペース企画として、すピ子さんの東京で初の個展を開催させていただきます。




キユピイさん と 仔猫 - 川北すピ子作品展



期間:2013.5.15(水) - 5.26(日)
*月曜・火曜 定休
時間:12:30~20:30
場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分(→ access )


川北すピ子の東京ではじめての個展です。
懐かしい気持ちになれるような、
様々な雑貨を作っています。
原画に人形、タイツやブローチなど、
展示と販売をいたします。
どうぞ遊びに来てくださいませ。


出品予定作品
イラスト原画・人形・アクセサリー・雑貨・etc

http://tentekido.info/supico.html





出品予定の作品の、ほんのごく一部をちらり。







ご覧いただければ、きっと夢中になってしまうと思う。。
掛け値なしに、不世出の才能です☆

数年前、万年少女人形館の作品を慕ってくれている当時十代の彼女の作り出す世界と出会って、ぼく自身もほんとうに驚いたものでした。

そして今回、点滴堂ギャラリーにて作品展をみなさまにお披露目できること、心からうれしく思っています。


必見です。

東京のアートシーンのエポック、、、
あるいはそれ以上のものになるかもしれません。

ぼくもとっても楽しみにしています♪


【BOOKS GALLERY & cafe 点滴堂】
http://tentekido.info/




[edit]

訪問記 


点滴堂にお越しくださった方から、それに気にかけてくださってる方々から、「ブログいつも楽しみにしてます」というお声をたくさんいただいてます。

そのわりには、あまり更新頻度が多くなくて申し訳ありません。

気がつくとあっというまに過ぎていく日々のことは、Twitter @timeandlove でもつぶやいていますので、よかったらチェックしてみてください。



今日は、点滴堂にお越しくださってそのようすをブログに綴ってくださった方々の中から、いくつかをご紹介させていただきます。


そうきちの『colors.』
点滴堂さんに行ってきました。
http://soukichi247.cocolog-nifty.com/colors/2013/03/post-ad44.html

コトリ花店さんで何度かお会いしたさなえさん。
点滴堂のオープン直前に「ひとさじの森」の入り口でお会いしたとき「お店はじめられるの、すごいですね!」と言われたので、「はじめるのはすごくないですよ。続けられたらすごいかもしれないけど」と言うと、「続きますよ」。
その笑顔に、なんだかすごく、安心しました。


つづれおり
【BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂】さんへ。
http://citronblog.exblog.jp/d2013-04-10/

この日はじめてご挨拶できたアクセサリー作家のcitronさん。
点滴堂でいちばん好きなのは、午後の日差しの差し込む時間。
そんなひとときをゆっくりとお楽しみいただけたようで、とてもうれしかったです。


秘密の花園
桜色の絨毯
http://miwahana.exblog.jp/20082386/

いでぐちみわさん。
湯川潮音さんのライブを観に行かれるというみわさんが来店されたちょうどそのとき、ランダムにシャッフルしてる点滴堂のBGMで潮音さんの曲が流れたのも不思議な偶然でした♪
この直後に、急なお願いにも関わらず5月の点滴同企画「君影草」への参加を快諾してくださって、ほんとうに感謝しています。


うずまきDIARY
「点滴堂」に行ってきました
http://plaza.rakuten.co.jp/uzumaki5466/diary/20130421/

たまたま目にした、これまで面識のなかったお客様のブログなのですが、文中で「宵待草」のことにも触れてあって、感激。。。
ありがとうございました…☆






点滴堂の店内、ほかのお客様のご迷惑にならない範囲でしたら写真撮影もご自由にどうぞ♪
(展示作品などについては、その都度ご確認ください)

思い思いに印象を記していただけたら、うれしく思います。


【BOOKS GALLERY & cafe 点滴堂】
http://tentekido.info/


[edit]

三鷹と吉祥寺の ART MAP 


「三鷹って、吉祥寺のお隣だったんですね!」
点滴堂をオープンすることになってから、何人かの方にそう言われました。

ぼく自身も去年この街へやってくるまで、あまりそういう意識はなかったかも。


先日、吉祥寺中道通りで開かれていた涙ガラス製作所さんの展示を見にお邪魔したときは、12時オープンのpooolさんで展示を拝見して、いそいで自転車で三鷹へ戻って12時半には点滴堂を開店していたので、あらためてほんとうにご近所なんだなあ…と思ったのでした。



写真は、涙ガラス製作所さんのステキなタンポポの綿毛入りネックレス♪





こちらは中道通りのpooolさんの近く、はらドーナツのすぐそばにお店を構えるsmall designのキクタケさんに教えていただいた「吉祥寺 ART & GALLERY MAP」

オープンしたばかりの点滴堂はいま出ている号に未掲載ですが、三鷹近辺の地図も載ってます。
点滴堂でも無料配布させていただくことになりましたので、ご来店の際はどうぞご自由にお持ち下さい。


今日はまた点滴堂の開店前に、自転車で吉祥寺のエスカリエ・セーさんへ。
今年で5回目になる「フェーヴの世界展」にお邪魔してきました。



北原裕子さんのフェーヴやmilky popさんのお菓子を入手♪
サインを入れていただいた磯谷佳江さんのご本は点滴堂の書棚に並べておきます☆

吉祥寺での会期は三日間、4/21日曜日までですのでお見逃しなく。



三鷹と吉祥寺は電車でも一駅ですけど、乗車賃100円のムーバスでの移動も楽しいかも♪
点滴堂の最寄りの停車場は「21 武蔵野警察署前」になります。


ぜひ、あわせてお楽しみ下さい☆





[edit]

私の人形は良い人形 


月曜と火曜は定休日。
自転車で三鷹通りを南へ。
フォスフォレッセンスさんの窓辺からは桜並木が見えるので、できたらお花のころに訪ねたいと思っていたのですが、葉桜のさわやかな緑も心地よかったです。

点滴堂の前の三鷹通りはケヤキ並木。
一日ごとに緑が増えていくので、お休みしているのがもったいない気持ち。。



水曜日からまた、この窓からの眺めをお楽しみください☆


この点滴堂の窓辺を、5月に下北沢もくようかんで催されるかわいいお人形たちの展示のDM写真撮影に使っていただきました。




「私の人形は良い人形」

かわい金魚 Sachierie 高田せい子 玉村のどか まな

下北沢 もくようかん
2013.5.5  (日)〜5.31(金)
11:00 - 20:00 (最終日は18:00まで)


個人的にも思い出深いもくようかんのクロネコBOXでの最後の展示。
そのお手伝いをできてうれしく思っています♪

これまでもくようかんを訪ねたことがない方も、東京以外にお住まいの方も、できることならこの機会にぜひご覧になってみてほしいのです。。

かわい金魚さん&Sachierieさん&まなさんの三人は、5/1〜12の点滴堂企画「君影草」にも参加していただきますので、ぜひあわせてお楽しみいただけますように☆


【BOOKS GALLERY & cafe 点滴堂】
http://tentekido.info/




[edit]

コーヒーもう一杯♪ 


ふわふわの白い床」の頁にも書いたのですが、点滴堂のこと「居心地がいいお店」って言ってもらえるのがいちばんうれしいです。

入れ替わり立ち替わり、この空間でゆっくりと流れる時間を過ごして、立ち去りがたそうにされている方々と共有できるひとときが何よりの宝ものだという気がしています…☆





今日 4/14(日)より、点滴堂の珈琲(400円)のおかわりは200円とさせていただきます。
 
どうぞお気軽に二杯目をお申しつけください♪ 
お好みの本を眺めながら、どうぞごゆっくりお過ごしいただけますように。。。




one more cup of coffee

[edit]

* 君影草 * 


3/27に点滴堂をオープンして半月。

ひっそりとスタートしたお店ですが、おかげさまで各方面の方に注目していただいて、心から感謝しています。

また、実際にご来店くださった方々の笑顔からたしかによろこんでいただけたことが伝わってきて、とてもうれしく思っています♪

でも、現状はなんとかブックカフェとしてのかたちをととのえただけ。
ある意味、まだプレオープンみたいなものと言ってもいいかもしれません。

点滴堂のほんとうのスタートはもうひとつ、ギャラリースペースを有効に使っていただいて、様々な相乗効果が生まれるところからはじまると思っています。



…というわけで、展示スペースの最初の企画です。

5月1日は「すずらんの日」。
その日からの2週間、可憐な花の面影を偲ぶ作品たちをお楽しみいただけますように。

タイトルは、「君影草」。
「君影草」は、すずらんの古名。

すずらんの花は、ぼくにとってもとくべつな花。
そして今回、時間も差し迫ってからの無理なお願いに出展を快諾してくださった大好きな参加作家のみなさんの胸にも、その思いがきっと込められているはず。

ささやかだけど、ステキなイベントになると信じています。
どうぞお見逃しなく…☆



* 君影草 *
点滴堂 企画展

期間:2013.5.1(水) - 5.12(日)
*月曜・火曜 定休
時間:12:30~20:30

場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分(→ access )

参加アーティスト



出品予定作品
絵画・創作人形・アクセサリー・その他

[edit]

お花屋さんみたいなブックカフェ 


3月27日のオープン初日、最初にご来店されるのは誰だろう…?
と思ったら、開店時刻ぴったりにやってきたのは配送業者のおじさんでした。

そして届いたのが、コトリ花店さんのふたつのブーケ。



それからずっとお店には途切れることなくお花をいただいて、点滴堂のお店の中はまるでお花屋さんみたい。





ますます、何屋だかわからないお店になっています。。。


お花屋さんといえば、先週の定休日には小平のコトリ花店さんへ。
すずらんの日のためのFAIR 'retour du bonheur…' の初日にお邪魔してきました。



ステキなお花と、7人の作家さんの手から生まれてくるさまざまなすずらんたち。
4/9の最終日、ご都合よろしければぜひ訪ねてみてください♪




「すずらんの日」は、5月1日。
その日から二週間、点滴堂でもすずらんの面影を偲んでささやかな企画を催してみたいと思っています。

すずらんの花は、とくべつな花。
そして点滴堂の展示スペース最初の企画。
何人もの大好きな作家さんたちに参加していただけることになりそうで、とてもうれしい。。

くわしくはまた追っておしらせいたします。




月曜と火曜は点滴堂の定休日。
4/8・9の2日間お休みをいただいて、4/10の水曜日からまた三鷹駅徒歩五分のちいさなお店でお待ちしています。

4月いっぱいはブックカフェとしての営業に専念する点滴堂ですが、展示スペースいっぱいのお花に会いに、ぜひお気軽にお立ち寄りください♪


【BOOKS GALLERY & cafe 点滴堂】
http://tentekido.info/


[edit]

ふわふわの白い床 


「診察室のような白い扉を開けると、そこは床がフワフワして真っ白な、割とこじんまりとした空間……」

再び 古本屋ツアー・イン・ジャパン さんのレポートを引用させていただくとこんな感じ。

本棚の壁紙の階段を上って、点滴堂の店内に入ってこられた方が次に印象深く感じられるのは、白い室内の白い床のようです。



ふわふわの床。
これ実は、はじめから計画していたものではありませんでした。

硬質な木の床の空間はあこがれで、コツコツと靴音が響くその緊張感が心地よいお店もあるけれど、どうもこの古い木造物件の2階では、階下への振動が響きすぎるみたい。。

それで手配を予定していたフローリング材を発注寸前で取りやめて方針転換。

一度剥がした元の絨毯を敷き直し、防音・断熱・吸音材シートを敷きつめて、その上から白い木目のクッションフロア、それも通常の住居用の倍の厚みの店舗用のものを貼って。

そうして、このふわふわの床ができあがったのです。

点滴堂の床は、結果的にこれでよかったと、ぼく自身も気に入ってます♪



ご来店くださった方のご感想でいちばんうれしいのは、「居心地がいいお店」って言ってもらえることかも。。

どうぞ足にやさしいふわふわの床の上で身も心もくつろいで、ごゆっくりお過ごしください…☆



[edit]

本棚の壁紙 

オープンして一週間、点滴堂にお越しくださった方々がかならずと言っていいくらい話題にされるのが、入り口の階段。

「まず、階段を見てびっくりしました☆」
「かわいい階段♪」
「これからたくさんの人たちが、この階段を上ってお店を訪れるんですね…」





この評判の階段に貼ってあるのが、実はこちらのウォールペーパー。





はじめからこんな階段にしようと計画してオーダーメイドしたわけではなくて、たまたま見つけた既製品なのですが、まるであつらえたみたいに階段の一段ごとの高さにちょうどぴったりだったのです♪


古本屋ツアー・イン・ジャパン の方のレポートにも「梯子段のような急階段」と綴られていたように、この入り口の階段がとっても狭くて急なので、通りすがりの方がふらりと入ってこられるにはハードルが高すぎるなあ…と思っていたけれど、これを見て好奇心に駆られて覗いて行かれる方もちらほらいらしゃるもよう。


でもほんとうに、この急階段の上り下りにはどうかくれぐれもご注意ください。
点滴堂のお店がここにある限り、転落事故などゼロでありますように…☆


本棚の壁紙といえば、ぼくのデスクトップの画像も本棚と少女。
沢渡朔さんの「少女アリス」のなかのお気に入りの写真です♪



ふと、モニターから視線をあげてみても、小さな女の子が見えるような気がします…☆


http://tentekido.info/

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。