三鷹駅 北口 ブックカフェ&ギャラリー 点滴堂

“点滴堂”は、ギャラリーのあるブックカフェ。 三鷹駅 北口 歩いて5分のちいさなお店。 書棚の古本や 作品の展示とあわせて おいしい珈琲をご賞味ください♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

Spring ephemeral と 薔薇の精 


月に一度、電車に乗ってお花を買いにいきます。

今月もお店作りの作業からちょっとだけ抜け出して、小平市のコトリ花店さんへ。



窓辺には、以前わが家から旅立ってこのお花屋さんへお迎えしていただいたちいさなお人形「幸福王子」が、しあわせな香りに包まれてたたずんでいます。



コトリ花店さんでは3/2から3/9まで、「Spring ephemeral」という名前の催しが開かれるとのこと。
機会があればぜひ、訪ねてみてください。




この日は国立にあるロマンティックでクラシカルなお洋服のSERAPHIMのお店で、とっても気になる蚤の市が開かれているというので、そちらにも寄り道。

いただいてきたお品のなかから、フランスのアンティークのアールヌーボーな引き出しの取っ手を、点滴堂の入り口にするつもりのモールガラスのドアに取り付けてみました。
これは使えるかも…♪




SERAPHIMさんの次のイベントは3/23~4/6、ニジンスキーのバレエをテーマにした「薔薇の精」。



そういえば、やはりわが家から旅立っていった「ばらの精」という名前のお人形の写真が、「万年少女人形館」作品集にもおさめられています。

その小さな本はSERAPHIMさんでも、コトリ花店さんでもお取り扱いいただいていますので、あわせてご覧いただけたらしあわせです。




こうして、まるで物語の中のようなちいさなお店を訪ねていくのが、とても楽しみ。。

いつか点滴堂も誰かに、そんなお店のひとつに数えていただくことができたらいいな、と夢見ています…☆





スポンサーサイト

[edit]

内装工事中 


お店の内装工事をすすめています。

電気や水道関係のプロに依頼する部分以外は、みんな手作りで。
大工仕事はまるで素人なので、試行錯誤しながら悪戦苦闘の日々です。。


通りに面した大きな窓に、窓枠を作ったり。




展示スペースの壁を作りながら、どんな作品がここに掛かるんだろうと思ったり。



古いモールガラスのドアを手に入れました。
むかしの美容室で使われていたものとのことですが、ちょっとお医者さんみたいな感じもして、「点滴堂」らしい入り口かも。


この扉を開いて、どんな人たちがこのちいさな空間を訪れてくれるかな…?と思ったり。


でも、室内は行き当たりばったりに運び入れた資材や工具やゴミの山で、たいへんなことに。。。
ほんとうに、ここを居心地のいい空間にできるのか…?
まるで見当がつかないカオス状態です。

あとひと月くらいで、いったいどんな空間になってるのか?
どうぞご期待ください。
ぼくも楽しみです♪


[edit]

キミコさんと森のバレンタイン 


井の頭公園の中にあるオープンカフェレストラン、ペパカフェ・フォレストのかたすみで、画家であり人形作家でもある吉田キミコさんのささやかな展示イベントが、数年前からバレンタインの時季に開かれています。

今年も2月14日、バレンタインデー当日の宵にお邪魔してきました。

作品を眺めながら、キミコさんを囲んでの談話に時を忘れて、気がつくと閉店の時間まで。。




一昨年の12月、この先どうしたらいいのかわからないまま西へ行ったとき、大阪でお会いしたキミコさんがぼくにくださった言葉は、「光男ちゃん、あなたは作品を描きなさい」ということでした。

東へ帰ってきて、ぼくは自分の心の中を泳ぐような気持ちで一組のマトリョーシカを描いて、昨年のバレンタインのイブにキミコさんにその写真を見ていただきました。

「あら、いいじゃない。私これ好きよ」
そう言ってもらえたことがとてもうれしかった。

でもぼくはそれから一年、まるで絵を描いていません。
こんなことでは申し訳ないかもしれないけれど、でもなぜか、今は何も描けない。

ところが、思いのほかキミコさんはぼくが点滴堂というお店を作ることをよろこんでくださっているようすで、心のかたすみにあった翳りがすっきりと晴れた気がしました。




この日いただいたポストカード。
サインの日付けのところに♡を入れてくださいとお願いしたのですが、キミコさんが描いてくださったのは点滴堂の「しずく」のしるしでした。。。


かつて、この井の頭公園の森のはずれにカフェ宵待草のオーナーとしてキミコさんがお母様から受け継いで作りだしたとくべつな空間、そこに集った人々の心のつながり。
それもやっぱり吉田キミコさんというアーティストのたいせつな「作品」だったのかもしれない。



この夜は遅くまで、キミコさんの作品世界をあたらしいかたちでまとめていくお話なども語り合われました。

とても楽しみ♪





[edit]

Ash Wednesday 森岡書店さんの HOLON タイポグラフィ作品展 SCRIPTORIUM へ 


ちょうど耶蘇教の聖灰水曜日にあたる2月13日、茅場町へ。

アンティークなビルの一室にある古書店&ギャラリー 森岡書店さんへお邪魔してきました。

ずいぶん前から楽しみにしていたHOLON タイポグラフィ作品展 SCRIPTORIUM。 
ため息を飲み込んでしまうようなステキな展示空間。
見に行くことができて、よかった♪






様々な意匠のオリジナルのアルファベット書体を纏ったテクストをもとに構成された清らかで端正で可憐な作品を前に、むかしビアズリーの画集を手にして、いったいどんな暗喩が隠されてるんだろう?とドキドキしながらページを繰ったときのような感覚がよみがえってきました。

タイポグラフィというジャンルにくわしいわけではないけれど、これはきっと表意文字文化圏でなければ生まれなかった世界的にも稀有なすばらしい仕事にちがいないのでは?…という気がします。
そのことと、かつて世紀末ヨーロッパを席巻したジャポニスムの感覚が、21世紀の東京でこうして美しく結びついた幸福。

個々の作品のクオリティの高さもさることながら、いろんな角度から興味深いテーマが見えてきて、これはぼくの考えうるデザインのひとつの理想のかたちかもしれないと思う。。





もうひとつ特筆しておきたいのは、やっぱり期待通り、森岡書店さんというロケーションがこの企画にぴったりだったこと。
訪れるたびにうっとりするような時間をすごさせていただいたこのスペースの、主の森岡さんにこの日はじめてごあいさつできたこともうれしかったです♪

点滴堂という、一応ブックギャラリーでもあるお店をこれからつくろうというぼくにとっても、書物愛の魅惑にみちた今回の展示空間はずっとあこがれでありつづけるだろうなあ…と思うのでした。

HOLON タイポグラフィ作品展《スクリプトリウム》 は2/16まで。
おすすめです。機会がありましたらぜひ訪ねてみてください☆






[edit]

「マトリョーシカの日」と塗り壁 

吉祥寺 gallery re:tail さんで開かれていた企画展「マトリョーシカの日」は、2月11日で終了しました。

万年少女人形館のお人形たちをご覧になった何人かの方から、確実に心に響いた手応えのあるメッセージが届いて、葉子の作品を展示というかたちでの参加を決めてほんとうによかったと、心から思いました。。

あらためて、出品にご協力くださった方々に深く深く感謝しています…☆



3連休の中日にもお邪魔してみましたが、次から次へ人々が訪れてすごいにぎわい。
たくさんのステキな作家さんたちのステキな作品とごいっしょできて、うれしかったです。

murmur in the Soda さんの作品♪


亞鳥舎さんの陶器のマトリョーシカ♪


ショコネさんの作品♪ 



以下の写真は re:tail さんからいただいた会場のようすです。






マトリョーシカ展の第一会場になった gallery re:tail さんと、そのおとなりのセレクトショップ poool さんが入っている建物は、蔦の絡まるとても味のあるマンション。

内装もとってもいい感じの風合いで、こんなステキなところに作品を出せたらいいなあ…と、葉子自身も語っていたその夢をかなえてあげることができて、きっとよろこんでくれていると信じています。

ところが、スタッフのTさんにお聞きしたところ、このステキなリノベーションも手作りによるもので、ベニヤに珪藻土を塗った壁は剥離したり、アクが浮いてしまったりといったトラブルにも悩まされたとか。。

ぼく自身がまさに点滴堂の内装をはじめてみて、壁ひとつ塗るにしてもいろんな段取りのコツや注意点があることを思い知らされて、まさに壁にぶちあたりながら試行錯誤しているところだったので、たいへん参考になりました。

とりあえず、階段とトイレの壁はアイボリー色に、キッチンのスペースはミルキーホワイトに、もとから貼ってあった壁紙の上からペンキでペイント。

メインの室内はこれから。果たしてどうなることか。。
日夜、塗料まみれになりつつ格闘しています☆

[edit]

マトリョーシカの日 gallery re:tail さんへ 


きのう2/5は gallery re:tail さんの企画展「マトリョーシカの日」の初日。
ちょっとロシアの雪国を思わせるような朝の雪が雨にかわって、夕方にはやんだので自転車で、吉祥寺の中道通りへ♪

100名ものアーティストによるマトリョーシカ作品が並ぶこのイベントは今年で四回目ですが、何度見ても圧巻です☆




ぼくが出品させていただいた葉子の万年少女人形館のお人形たちは、窓辺に並んでいました。



葉子の万年少女人形館の作品のうち、上の写真の二人の子はぼくの手元からではなく、個人蔵のものをとくべつにお預かりして展示させていただいているため、ご覧いただける稀少な機会になります。

たいせつにしてくださってる貴重な作品の出品へのお願いにこころよく応じてくださった久保田恵子さん永見由子さんに、心から感謝いたします。


先日ある場所ではじめてお会いした人形作家さんにこの葉子の作品をちらりとお見せしたところ、「こういうのって自分の趣味じゃないんだけど…でもこれはかわいい…かわいい…」と、じっと見入ってもらえてうれしかった。

「ほんとうにこういうお人形は自分の趣味じゃないんですよ。…でも、この子は、生きてますね」



私事ながら、ぼく自身、一昨年物故した妻の葉子の作品にこうして触れていく中で、この世にはほんとうにすばらしい生命を持った作品がたしかにあるということを教えられた気がしています。

それは、有名であるとか人気があるとか、高値で売れるとかいったこととは関係なく。


re:tail さんのマトリョーシカ展では、これまでいくつものかけがえのない出会いがありました。

点滴堂も、きっとそんな作品に出会える場になりますように。。




「マトリョーシカの日」は、2/11まで開催中です。

ぼくもお店作りの合間に時間をつくって、またみなさんの作品をじっくり見に行ってみたいと思っています。







[edit]

galerie doux dimanche 「不思議の扉の向こう側」 


2月5日から17日まで、京都で人気のアンティークショップSQUIRRELと女の子の夢見る世界を表現するクリエーターユニット”眠れる森”を主催するmica TAKEOさんの展覧会「不思議の扉の向こう側」が、東京のドゥ-・ディマンシュ青山にて開かれています。

4日の搬入日に、ぼくも会場設営のお手伝いにお邪魔してきました♪








あふれるようなアイディアいっぱいの作品、魔法のような会場づくり。

きっとどの扉を開いてもステキな世界に通じてる、ワクワクする展示空間ができあがっています♪ 
どうぞお見逃しなく☆




ギャラリー・ショップ・ドゥ-・ディマンシュさんは、以前から立ち寄るのが楽しみだったほんとうにかわいらしいお店。
ここでmicaさんの個展が開かれると聞いたときから、きっとぴったりだと思って楽しみにしていたのでした。



それともうひとつうれしかったのは、このお店を運営されているジュウ・ドゥ・ポゥムのアートディレクターの方にもお会いできたこと。
ジュウ・ドゥ・ポゥムさんの出版されている本も、どれをとってもたまらなくかわいらしくて、ひそかに集めていたのです。

点滴堂がオープンしたら、本棚にはそれらの書籍も並べておきたいと思っています。
どうぞお楽しみに♪



galerie doux dimanche
PAUMES

mica TAKEO「不思議の扉の向こう側」展


http://tentekido.info/

[edit]

三軒おとなりのテオレマカフェさんへ 


2月1日。
いよいよお店の物件の鍵を受け取って、一日目はバタバタしてるうちに暮れました。。
とにかくやることがたくさんです☆

写真はその晩の夕食♪

実は点滴堂の予定地の三軒おとなりの、同じように階段を上った二階には、落ち着いた雰囲気のとってもステキなカフェがあるのです。
すごくおいしくて、これはおすすめ☆




三鷹駅北口からまっすぐにのびる中央通りからひとつ裏手になる三鷹通りは、けっして見るからにおしゃれなストリートという感じではないけれど、ふっと気づくとこんな隠れ家のような場所があるって、うれしくなってしまう…♪

店内でその居心地のよさをゆっくりと楽しんでいる方々のようすからも、みんなそう思っていることが伝わってきます。


こんなセンスのよすぎるお店のすぐそばに新たに出店しようなんて、なんだか気後れする心地がしつつもごあいさつさせていただくと、とっても楽しみです!とよろこんでいただけて、よかった。。

ぼくも、この通りを訪れるのがさらに楽しみになるようなお店をつくっていけたらいいなあという思いをつよくしました。


恥ずかしながら点滴堂もいちおう「カフェ」と名乗るつもりではいるものの、提供できるのはコーヒー紅茶などのドリンクのみ。お酒もご用意できません。。

ぜひテオレマカフェさんの洗練された空間で、おいしいお食事やワインなどもあわせてお楽しみいただけたらと思っています。


テオレマカフェさんの食べログのページをチェック☆


http://tentekido.info/



[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。