三鷹駅 北口 ブックカフェ&ギャラリー 点滴堂

“点滴堂”は、ギャラリーのあるブックカフェ。 三鷹駅 北口 歩いて5分のちいさなお店。 書棚の古本や 作品の展示とあわせて おいしい珈琲をご賞味ください♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

Tumblr はじめました♪ 





あたらしく、Tumblrをはじめました♪

こちらのブログの更新がどうしても滞ってしまってましたが。

これからはできるだけ毎日、Tumblrの方に日々のおしらせやお店のようすをポストしていきたいと思います…☆

http://tentekido.tumblr.com/








【BOOKS GALLERY & cafe 点滴堂】
http://tentekido.info/





button_new20a.png




スポンサーサイト

[edit]

壁際のちいさなテーブル 






140724_01.jpg


いつもより会期を延長して開催してきました企画展「女生徒 chapter.2」〜「海と少年」。
お楽しみくださったみなさまありがとうございました♪


140731_12.jpg


サプライズの飛び入りあり、追加あり、思いがけないほどご好評いただいて◎ 
とてもうれしい毎日でした☆


140730_04.jpg


7/30(水)〜8/3(日)の5日間は、とくに展示企画を入れていませんが。
ブックカフェとしてはいつも通り営業します♪

夏休みに訪ねてくださる方にもお楽しみいただけますように◎ 

点滴堂はこのあと年末まで、月曜火曜の定休日以外はお店を開けたいと思っています☆


140731_11.jpg


夏休みで?遠方からお越しの方が増えてるみたいで。

人気の「女生徒」トートバッグや点滴堂ロゴ・ランチバッグが、ここへきてまた売れてます◎

いずれも店頭販売のみとなりますのでお見逃しなく♪
いまなら在庫あります☆



今週はギャラリースペースが空いているので。
ふだん作品を展示している壁際に、ちいさなテーブルを置いてみることにしました◎


140729_02.jpg


明日から日曜日までの期間限定♪
いつもとちがったお席で、おいしい珈琲をどうぞ☆


140730_02.jpg


ちょっと、ひみつの小部屋みたいで。
なかなかよいかもしれません…☆



昨年の7月は「星戀」展から、「夏のお花の妖精」展を開催していて。

ちょうど、それらの企画のアイデアのもとになった本なども入荷しています♪


140731_13.jpg

140731_14.jpg



そしてこれらの展示をきっかけにはじめて点滴堂にお越しくださった方々が、一年が過ぎても気にとめてくださって。
折に触れて訪ねてくださること。とてもうれしく思っています…☆


展示企画がない平日は、お客さまも少ないかな〜と思ったら。
いい本がバラバラっと売れたので、どんどん補充してます♪


140728_01.jpg


中には、先ごろ発売になったBRUTUSの「本屋が好き。」特集を見て遠くからお越しくださった方もいらっしゃったみたい。


140731_03.jpg


そういえば、人魚姫が表紙のこの本。
昨年BRUTUS「古本屋好き。」特集に載ったオープン当初の点滴堂の書棚の一角にもありました♪


140731_04.jpg


いま書店に並んでる「本屋好き。」特集では、こちらの写真は割愛されてます☆


そして人魚姫といえば。
8/6からはじまる次の点滴堂企画展は、「人魚姫の嘆き」。


140731_06.jpg


こちらのDMの絵は、金田アツ子さんの作品。

ちらりとupした画像に、すでにたくさんの反響をいただいて。

展示そのものも、すばらしいものになりそうな予感♪
いまからとても楽しみにしています…☆







【BOOKS GALLERY & cafe 点滴堂】
http://tentekido.info/






button_new20a.png



[edit]

「ねむり姫 いばら姫」展のようす 






140517_03.jpg


5/14からはじまりました点滴堂企画展「ねむり姫 いばら姫」。

これは、とてもよい展示です☆


140517_04.jpg



140517_13.jpg

初日からいくつもの売約をいただきましたsiestaさんの刺繍作品。

ご好評につき、追加の品も届けていただきました♪

(ポーチ類は、売約済みのものも最終日まで展示させていただいてます)


140517_10.jpg

川北すピ子さんのポストカード。

1枚150円にて販売してます♪



140517_12.jpg

かわい金魚さんの作品のコーナーの、ごく一部。

「一瞬時が止まった。本当に心に残る作品でした」

…とのご感想もいただいてます♪



140517_11.jpg

小暮千尋さんの作品に映り込んだ、点滴堂の店内。


140517_05.jpg

ちいさなお店の中に、静かな時間が流れています…☆


140517_07.jpg


140517_08.jpg



140517_06.jpg

こちらは、澁澤龍彦さんの「ねむり姫」。

下北沢バブーシュカさんのアイコンのイラストでもおなじみ、野村直子さんのオブジェが彩る美しい一冊♪

いまなら点滴堂に置いてありますので、ご覧になってみてください☆




企画展「ねむり姫 いばら姫」は5/25まで。
(5/19・20の月・火曜は定休日となります。

ひそやかな感動を、お楽しみいただけますように…☆







littlebriarrose_a.jpg


点滴堂 企画展 「ねむり姫 いばら姫」


100年の夢を見ている、

眠れる森のいばら姫。。。

7名のアーティストの紡ぐイメージを、お楽しみください☆


期間:2014.5.14(水) - 5.25(日)
*月曜・火曜 定休

時間:12:30~21:00

場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分(→ access


参加アーティスト

siesta
いでぐちみわ
かわい金魚
青の羊
小暮千尋
川北すピ子
日宮サミ


出品予定作品

絵画・人形・アクセサリー・刺繍・雑貨 その他


http://tentekido.info/littlebriarrose.html






【おまけ】


140517_09.jpg


しあわせのお菓子、讃岐の「おいり」♪

「ねむり姫 いばら姫」展のDMに散らした薔薇の花の色合いみたい…ということで、いただいてしまいました☆







【BOOKS GALLERY & cafe 点滴堂】
http://tentekido.info/






button_new20a.png

[edit]

点滴堂オリジナル・ロゴ・ランチバッグ 発売のおしらせ 





昨年の6月に発売して以来、超絶大人気の「女生徒」トートバッグに続く点滴堂オリジナル・グッズとして。

おなじみ点滴堂のロゴ入りランチバッグを製作してみました♪


140411_04.jpg



点滴堂の店頭のみにて販売を開始しています☆


色は、赤地と黒地の二色。
お値段は各1800円です。


しっかりした布地とプリントで…と考えると、コスト的にはたいへんきびしいのですが。
みなさまにご愛用いただけることを願って、なんとか商品化してみました。


140411_05.jpg


丈夫な生地、しっかりした造りで、重い本を運ぶのにも重宝しそう。
ぼく自身も、愛用することになりそうです♪


140411_03.jpg



ベストセラー「女生徒」トートバッグも、増税その他の影響で次回増刷のときには価格の見直しが必要になるかも。。
ですが、いまある在庫分はこれまで通り。
1枚2000円の破格のお値段にて販売します☆


ちなみに、「女生徒」トートバッグの絵柄を手がけられた江津匡士さんは、ビリケンギャラリー10周年記念企画第二弾として4/20まで開催中の「セーラー服コンプレックス3」に出展中。


140411_11.jpg


こちらは、ワイズ出版刊「セーラー服コンプレックス」に掲載されている江津匡士さんの作品「三つ編み」のページ。

いまなら点滴堂に一冊置いてありますので、ご覧になってみてください♪


140411_12.jpg




たくさんのお問い合わせをいただいていますが、いまのところトートバッグもランチバッグも、通販対応のご用意がありません。

遠方の方にはご迷惑をおかけしてしまって申し訳ありません。

古本や展示作品も含めて、点滴堂はまず何よりも、この空間を訪れてくださった方がステキな何かと出会えるお店づくりを優先したいと思っていますので、ご理解いただければ幸いです☆


140411_07.jpg


ピクニックに行きたいようなお天気の午後。
点滴堂の窓辺にて…☆



なお、「女生徒」トートバッグはご好評にお応えして定番品として展開していますが、バッグ本体のメーカーの生産・在庫状況によっては長期欠品となってしまうこともあり得るかもしれません。。

(実際に、先ごろ数ヶ月にわたっての欠品のおしらせがあったのですが、辛くも在庫を押さえることができました)


新発売のランチバッグに関しては、今後の再生産は未定となっています。

ぜひ手に入れたい!という方は、お早めにお求めください☆






140411_02.jpg



点滴堂オリジナル・ロゴ・ランチバッグ

幅37-20×高21×マチ17cm
素材:綿 100%(12.0オンス)
色:レッド・ブラック 全2色
価格:各1800円(税込)







【おまけ】


190411_10.jpg


階段の本棚の壁紙が破れてきたので。またちょっと補修してみました。

「この階段を上るといつもワクワクします♪」と言ってくださる方がいらっしゃること、とてもうれしく思っています…☆





【BOOKS GALLERY & cafe 点滴堂】
http://tentekido.info/






button_new20a.png

[edit]

点滴堂の一周年感謝企画【2】 DMハガキいろいろプレゼント  





140410_14.jpg



4/7の月曜日、点滴堂の定休日に、井の頭公園へお花見に行ってきました。

昨年は点滴堂がオープンした3月27日頃、ちょうど桜が満開となっていましたが。

すこし寒かった今年は、この日あたりがちょうどお花見日和で♪

レジャーシートを敷いて、のんびりと。。。

愉快なひとときを過ごすことができました◎


140410_15.jpg



こちらはmilky pop.さん特製の、点滴堂一周年のお誕生日ケーキ♪

とってもおいしかったです◎

8人前のホールを、お花の下で、4人で平らげてしまいました☆



140410_03.jpg



点滴堂では、一周年の感謝をこめて【その1】として。

カフェご利用の方に、「てんこちゃんチロルチョコ」をプレゼント中♪


140410_11.jpg



さらに、【その2】として。

これまでの展示企画のDMハガキ、ストック分が残っているものをとくべつ放出しています◎


140410_04.jpg



本を1000円以上お買い上げの方は、お好きなハガキをお持ち帰りください♪

(何種類でもOKですが、一種類につき〜3枚くらいまででお願いいたします)


点滴堂の企画展に参加されている方々は、世間的には有名ではなくても、ほんとうにすばらしい世界を持っているので。

その作品画像を使用したDMハガキはどれもまちがいなく、かなり貴重なアイテムになると確信してます☆


そして。次の点滴堂企画展「ふたご展」のDMハガキは、小暮千尋さんの描くふたごの絵の一部分を使って制作してみました



140410_10.jpg


こちらのハガキも、この週末にはできあがってくると思います。

これからもますます、お楽しみいただけますように…☆


140410_16.jpg







ふたご展


点滴堂 企画 「ふたご展」

期間:2014.4.16(水) - 4.27(日)
*月曜・火曜 定休

時間:12:30~21:00

場所:BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
三鷹駅 北口 歩いて5分
(→ access

参加アーティスト

小暮千尋
やまぐちめぐみ
亞鳥舎
milky pop.
小山ゆうこ
黒木こずゑ
かわい金魚
茶谷怜花
出品予定作品

絵画・人形・陶器・アクセサリー・雑貨 その他

http://tentekido.info/twins.html





【BOOKS GALLERY & cafe 点滴堂】
http://tentekido.info/







button_new20a.png

[edit]

点滴堂の一周年感謝企画【1】 てんこちゃんチロルチョコ・プレゼント 





140401_08.jpg



点滴堂 開業一周年記念企画展「桜の花と看護婦さん」にお越しくださったみなさま、ありがとうございました♪

ひとくちに一年間といっても、あまりにもたくさんの思いに、感謝の気持ちでいっぱい。。

これからもどうぞよろしくお願いします☆


140401_03.jpg

こちらは、インスタグラムの #点滴堂 タグの写真から。

点滴堂の店内は、ご自由に写真撮影してくださってOKです♪

ただし、展示コーナーについては、その時々の作家さんのポリシーなどもありますので、念のため撮影する前にひと声かけてくださいますようお願いします。

お写真をインスタグラムにupされる方は、 #点滴堂 タグをつけていただけるとうれしいです☆


140401_02.jpg

140401_09.jpg


一周年のお祝いにと、たくさんのお花も♪

ほんとうにありがとうございました…☆





4月前半の二週間、点滴堂のギャラリースペースにはいつものような作品展の予定は入っていませんが。
ブックカフェとしては通常営業いたします。

そして一周年の感謝をこめて。

ご来店のみなさまによろこんでいただけますように、あれこれとくべつなことを計画中です☆


140401_10.jpg


まずは【その1】。

4/2から、カフェご利用の方に先着で 特製「てんこちゃんチロルチョコ」を差し上げます♪

数には限りがありますので、なくなりしだい終了です☆


140401_06.jpg


この機会にぜひ、珈琲やカフェオレと。
点滴堂に流れるゆったりとした時間を、どうぞお楽しみください…☆






【おまけ】


140401_04.jpg


4/6まで、青山 ドゥーディマンシュにて大好評開催中のヒグチユウコさんの「ふたりのねこ展」のDMをお預かりしました♪
こちらに参加中のmilky pop.さんのお菓子なアクセサリー、点滴堂にて引き続き販売してます◎


140401_11.jpg



こちらのアクセサリーは、どれも賞味期限はありません♪

ぜひチェックしてみてください☆






【BOOKS GALLERY & cafe 点滴堂】
http://tentekido.info/







button_new20a.png

[edit]

掲載のおしらせ 


オープン当初はもっとマメに、お店の日々のようすをこのブログに綴っていくつもりだったのですが。。

気がついてみると、大半は展示企画のおしらせをupするのがやっと、という感じになってしまいました。

ツイッターでは、毎日のお店のようすをつぶやいていますので、よろしかったらフォローしてチェックしていただければ幸いです♪

 Twitterボタン


今年は、なるべくいろんなことをこちらのブログにも記していけたらいいなあと思っています☆


というわけで、今回は点滴堂のことを取り上げてくださった雑誌やその他のことに触れておくことにします。



*****

まずは、多摩地区の地域情報誌『たまら・び』。

2014年冬号の第一特集は「小金井市」。そして第二特集は「多摩 まちの古本屋さん案内」。



この古本屋さん特集の中に、点滴堂のことも取り上げていただきました♪



点滴堂にはいろいろ先入観を持って来られる方も多いみたいで。
本の品揃えが意外だったと驚かれることがよくあります。

こちらの『たまら・び』の取材に来られた方も、「いわゆるガーリーなお店って紹介するつもりだったのに、全然それだけじゃないですね!」…と。

あれこれおもしろがってくださって、ちょっとディープな本をお買い上げいただきました☆


『たまら・び』最新号は、いまなら東京西部の書店に並んでいると思います。
点滴堂にも1冊置いておきますので、よろしければご覧になってみてください♪

たま ら・び 82号 2014 WINTER
http://www.keyaki-s.co.jp/lavie/lavie82.html


*****


もうひとつは、『花園magazine』2013秋冬号。
特集のテーマは本と読書。



小冊子ながら読ませる内容の1冊♪

とくに愛書家のための小間物ブランド「霧とリボン」さんのページは必読です。



点滴堂について触れていただいたのは、ミストレス・ノールさんによる「霧とリボンにまつわる本と場所」の頁。

すぐれた審美眼のデザイナーであるノールさんに、点滴堂のことを取り上げてもらえただけでもうれしい♪

しかも、あの恵文社一乗寺店さんとならんで載ってるこの図に感激です…☆



「霧とリボン」さんの作品は、読書好きな方にはたまらない、物語の秘められた美しい品々ばかり。
読書と喫茶のお供に、ぜひ。
点滴堂でもフライヤーをお預かりしていますので、あわせてチェックしてみてください。



http://www.kiri-to-ribbon.com/


『花園magazine』vol.3は、11月の文学フリマで発売され、その後は通販でもお求めになれるもようです。

『花園magazine』Vol.3 2013秋冬号

こちらも点滴堂に1冊、サンプルを置いてあります♪




*****


点滴堂では、有料の広告を出したりする予定はありませんので、そういった営業は基本的にお断りしているのですが。

こうした心のこもったかたちで取り上げていただくのは、ほんとうにうれしく思っています…☆



【おまけ】

点滴堂の、おなじみ本棚の階段。



壁紙が破れてしまったところ、ボロ隠しに沢渡朔‎さんの「少女アリス」の中にある写真を貼って補修してみました♪








[edit]

リトルナースの看板娘。 




8/23から、20:30までだった営業時間を30分延長して、夜は21:00までお店を開けています♪

ラストオーダーの時間などはとくにありません。

お仕事やお出かけのお帰りの際など。
9時までにお越しいただけるようでしたら、どうぞごゆっくりお過ごしください☆





変更後の営業時間を入れて、名刺サイズの新しいショップカードをつくってみました。

配布にご協力いただけるお店の方など、お声掛けいただけたらうれしいです♪




点滴堂にて古本をお買い上げの方には、このカードに穴をあけて紐をとおして栞にしたものを進呈したいと思っています。




もうすっかりおなじみの、リトルナースの点滴堂の看板娘。

「この子に名前はありますか?」
という質問がありました。

それでTwitterで
「誰か名前をつけてやってください」
とお願いしたところ、わずか1日でたくさんの方からご提案・投票いただいて、その結果

「しずく・てんこちゃん」

という名前に決定しました♪

ご意見お寄せくださったみなさま、ありがとうございました。

名付けに参加してくださった方には、お礼にドリンク100円引きサービスをご用意してご来店お待ちしています♪


点滴堂のTwitterアカウントはこちら→ @timeandlove

お店からのおしらせはもちろん、もしかしてこれからも、ときどきこんなお遊びもやったりするかも…?

よかったらフォローしてみてください。



これからも、点滴堂のてんこちゃんをどうぞよろしくお願いします☆


【おまけ】

看板娘の名前が決まった記念に、てんこちゃんの生みの親の川北すピ子先生がさっそく1枚、描いてくれました。





すピ子先生の作品は9月の点滴堂企画「赤い靴」展でもご覧いただける予定ですので、どうぞお楽しみに♪



また、てんこちゃんの看板の元になった原画は点滴堂の医療棚にて常設展示しています。

いつでも、会いに来てください☆








[edit]

下北沢 バブーシュカさんへ♪ 


月曜日、点滴堂の定休日に、先日オープンしたばかりの下北沢の喫茶と雑貨、小さい展覧会のお店「バブーシュカ」さんへお邪魔してきました♪




数ヶ月ぶり?の下北沢駅の構内はすっかり様変わりしてしまって、迷子になりそう。。。



バブーシュカさんの場所は、木曜館の跡地。地図はこちら。



駅ばかりではなく、この数年で下北沢の街そのものもずいぶん変わってしまいました。


5月末に長い歴史を閉じてしまった「木曜館」。
数年前まですぐ向かいにあったアンティーク「露崎商店」。
その上階にあった喫茶「ミケネコ舎」。
あるいは、木曜館の姉妹店だった「モモ」のことなど。。


いろんなシチュエーションが走馬灯のように浮かんでくるけれど、まるでみんな夢だったみたい。。。



そんなふうに思いながら、木曜館のあとにできたバブーシュカの扉を開くと、とても不思議な気持ちになってしまいました☆




この写真の正面の壁に飾られているのは、金田アツ子さん、永見由子さんの作品。

店内では、点滴堂の企画展などでご覧いただいた作品のいくつかと再会できるかも。

ぜひ、会いに行ってみてください☆




この日は、アツ子さんのおいしいナポリタンをいただきました♪





こちらは、ハネーケーキ。
なんだかなつかしくて、とてもしあわせな味…☆



たとえば、いつか井の頭公園駅のそばの喫茶店で、こんなふうに外の日差しを眺めながらしあわせな気持ちになった夏の日がありました。。。





はじめて訪ねたのに、なつかしいお店。
ほかのどこでも売ってない、物語の詰まったお店。

それはただのノスタルジーじゃなくて、そんな物語など知らない人たちも、きっと何かを感じるはずだと思うのです。



【おまけ】

点滴堂にて。

「メレンゲのお菓子です、どうぞ」…と、お客さまからさりげなくいただいてしまった差し入れ。

開けてみたら、クオリティが予想外にすごすぎてびっくり☆






後日、お客さまからいただいたメッセージには、「(お盆の)乗り物がキュウリとナスでは味気ないと思いましたもので。」…とありました。


オープンしてまだ数ヶ月の点滴堂も、「もうずっと前からあるみたい」とか、「何か棲んでるような気がする」と言われることがよくあります。

何か、目には見えない物語を感じてもらえているのかも。。


そんな物語をつなぎとめて、これからも紡いでいけたら…と、思うのでした☆





[edit]

ブルータスの『古本屋が好き。』特集 


2013年6/1発売号の「BRUTUS」 『古本屋が好き。』特集に、点滴堂のことも掲載していただきました。

雑誌のまん中に綴じてある、全国100古書店のリストの三番目に載っています。
本屋さんでご覧になってみてください。



4月の初め、開店して間もない点滴堂に取材の申し込みに来られたライターさんは、かつて「オリーブ」などの誌面も手がけられていたとのこと。

店内のあちこちをじっくりご覧いただきながら、いつまでもあれこれお話しが尽きず、とても楽しい取材でした♪


「点滴堂さんに置いてある本は、ひとことでご紹介するならどういう系って感じでしょうね?『乙女な本』って言ったら、ちょっとずれちゃいそうだし…」

そうおっしゃるので、ぼくは思いつきで「『リリカルな本』、っていうのはどうでしょう?」と答えました。

それで今回、点滴堂のところには『叙情的な本を探すなら』という見出しがついています。




自分でお店を開いておきながら不勉強で、むかし神保町の街をうろうろしていたころとはずいぶん時代が変わったのかな〜?などと、人ごとのようにぼんやり思っていたぼくにとっても、この一冊は有益な見取り図になりそう。

なにしろ、いまどきの世間の古書店事情にはとても疎いので、パラパラと頁を繰って目にとびこんでくるいろんな古本屋さんのようすがすごく新鮮です。


これからゆっくり楽しみつつ読んでみて、ご縁があった古本屋さんを、ぼくもいつか訪ねてみたいと思っています☆

http://magazineworld.jp/brutus/mail/756/



【BOOKS GALLERY & cafe 点滴堂】
http://tentekido.info/


[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。